topimage

2020-06

検査結果は良性でした - 2015.02.07 Sat

2/2に待ちに待った病理検査の結果がやっと出ました。
結果は「良性」でした。
つまり線種(腫瘍)はガンではなかったのです。

それを先生に言われたとたん、体の力が抜けて泣きそうになりました。
これで普通の生活に戻れる、と。

カルテには20mmのポリープと書いてありました。
最初15mmと言われてたのでそれより大きかったことになります。
ネットで調べた時は20mmあればガンの可能性が高いと書かれてたので
ホントに運が良かったんでしょうね。

経過を見る為一年後くらいにまた大腸の内視鏡検査をしてくださいと言われ
診察は終わりました。

その日は念のために有休を取ってたのですが、結果を職場に連絡すると
忙しいので出来れば来てほしいと言われ午後から出勤。
上司や同僚に報告して普通に仕事して帰りました。
でも普通に仕事が出来ることが有り難かったです。

終わってみれば12月半ばからの一カ月半はなんだったんだろうと思いますが
医療保険を見直すキッカケになったし貴重な経験だったと思います。

でもこれでめでたしめでたしとは行かなくてですね…。
実は検査結果を聞く数日前にダンナの実家から大変な電話がかかってきたのです。

義父さんが骨折して入院したとのこと。
それがただの骨折ではなく他にも病気を併発していて…。
聞いた時は自分がガンだと思ってたので二重の不幸に目の前が真っ暗でした。

まあ少なくとも自分のガン治療はしなくて済んだので、そっちは経過を見て
ぼちぼちやって行くしかないですね。
遠方なので日々実家と連絡を取り合ってバタバタしてます。

ほんと健康って大事。

イメージ 1

スポンサーサイト



手術と入院と食事制限 - 2015.01.19 Mon

当日は10時に病院に行きました。
前回内視鏡検査をした時は前日に2リットルの下剤?ポカリみたいなのを飲んだんですが
今回は当日飲んで腸が早く綺麗になった人から始めるらしいです。

待合室のような所で看護婦さんに説明を受けます。
私以外にも数人の人がいましたが、年配の人が多かったですね。
お昼までダンナが一緒だったんですが、子供を迎えに行くのとご飯の為にお昼ごろ
一旦家に帰りました。
私の方はというと前回より比較的スムースに飲めた為か、早めにOKが出て14時には
手術出来るとのこと。

ダンナにその旨メールを打つとギリギリで手術前に到着。
その後手術だったのですが、なんだか想像とちょっと違ってまして。

内視鏡の検査とほぼ一緒なんですよ。
麻酔は緩いのを注射されてますが意識はハッキリしていて、腸の中にカメラが入るのを
モニターで見られるんです。
私は近視なのでメガネなしでぼやっとしかみられませんでしたが、なんとなくは判りました。
先生が私の上に覆いかぶさってあっち向いて~とかこっちに体倒してとか言いながら
「今ここね、ここ切るから」と言われてなめこみたいな線種を取ってました。

切った後にダンナも呼ばれて「これ取りました」とそのなめこみたいなものを見せられました。
「結果は二月に出ますからその時判ります」と言われ手術は終了。

着替えてくださいと看護婦さんに言われたので更衣室に行ったのですが喉がカラカラ。
つい荷物にあったアクエリアスを飲んでしまったのですが…手術したばかりは何も
飲んではいけなかったのです!!

更衣室に戻ると点滴を付けられて「二時間は何も口にしないで」と言われ…や、やばいかなと
正直に言うとちょっと呆れられて「何かあったらナースコールしてください」と言われました。

腸には痛点がないそうで痛くもかゆくもありません。
ですが看護婦さんにいろいろ説明を受け一週間は食事に気を付けなくてはいけないと言われました。
その日の夕食は重湯。ほんとお湯にお粥の汁いれたようなものです。

それを食べたのを見届けてダンナと子供が帰宅。
私は疲れてるはずなのですがあまり眠気が来なくてずっとスマホいじってました。
(四人部屋だったのですがたまたま私一人だけでした)

翌朝は八時ごろ食事でした。
この時はもうお粥になっていてヨーグルトやアスパラ、ツナの缶詰などが出されてちょっと感動。
固形のものが食べられるってなんて幸せなんだ…。
レントゲンを取ったりする病院もあるらしいですが、ここは検温と便の状態だけで診察もなく退院。
ほんとにあっという間の簡単な入院と手術でした。

ちょっと疑問と言うか…今回の手術ですが。
承諾書などを何枚か書かされたのですが、すべて「大腸ポリープ手術」となっていたのです。
あれ?大腸がんじゃないの??ポリープなの???
思ってたよりたいしたことないの?

などと思いつつ自宅でゴロゴロしてたので翌日一日だけ休んで金曜日は出社しようと
最初は思ってました。
ところがダンナの反対に遭い、その日も休んで三連休明けに行くことになりました。

今考えると休んで良かったです。
金曜日は何故か腹痛がずっと続いて夕方近くまで治らなかったのです。
病院に電話で聞いてみましたが、たぶん普通にお腹を下してるだけで大丈夫だろうとのこと。
夜には痛みも引いて大事に至らなかったのですが、このせいで精神的に少し参ってしまって
長いお休みだったのに何も出来ずに静養してました。

今日は手術から12日が経ちだいぶ普通のものが食べられるようになりました。
まだおっかなびっくりですが、今日初めてコーヒー飲んでみました。
後は2月の検査の結果を待つだけです。
その結果が良ければ祝杯でお酒も飲んでみようかな。
何事も無くこのまま終わるのを祈るばかりです。

イメージ 1



手術までの年末年始 - 2015.01.19 Mon

更新遅くてすいません。
退院後食事制限があってなんだかんだ本調子でなくパソコン開いてませんでした。
あとスマホをiphone6にしたんですよ。
子供のクリスマス&誕生日(今月)プレゼントで欲しいと言うので家族三人で
変えたんですが、本体ゼロ円のくせにいろいろお金がかかったよ!!
スマホとかケータイってこんなに費用出すほど必要??って思いましたね。

今回は12/25の検査結果後の話です。

検査の結果が良かったことでちょっと気分が軽くなり、バタバタと仕事納めを26日に済ませ
27日は翌日のコミケの用意。
実はその日に売り子さんのことでゴタゴタしたんですが、一応無配本も作れたし
お友達に売り子も頼めたのでホントにホントにバッタバタな状態でしたが当日を迎えられました。

手術&前日のゴタゴタをついったでぽろっと呟いてしまったので会う方ごとに
心配されたり励まされたり…(´;ω;`)
ものすごく有り難かったです!!コミケに行って勇気を貰ったと言うか。

手術の件にしても前日のトラブルにしてもホントに1ツイートずつしかしてないんです。
なのにすごくたくさんのリプいただいて感動してました。

今回の件は職場の健康診断でみつかったので職場の人たちにも心配していただいたし
手術をすると決まってからダンナや子供も家事を手伝ってくれるようになったし
こんなことになったのは思わぬ不幸でしたが、主婦としてもパート職員としても同人作家としても
周りの人に支えられてるのを実感出来てがんばらなきゃいけないなぁって思いましたね。

がんの告知をされた時、真っ先に「死ぬのかな」と思いました。
でも私は比較的好きなように生きて来たのでもし死んだとしても悔いはないと思ったのです。
変な話、がんの事を良く知らないうちはいろいろな治療をされて生かされているのは嫌だと
思ったのですが、子供や周りの反応を知るうちに人が生きると言う事は自分の為ではなく
自分を必要としてくれる人の為なんじゃないかと思うようになりました。

私がいなくなって悲しいと思ってくれる人がいるうちは、どんなにみっともなくても
生きなきゃいけないと思うようになったのです。

コミケが終わり大晦日を迎え、恒例の近所のお寺に初詣に行き、そのあと実家へ。
今年は私の提案でもう一か所初詣に行きました。
浅草の浅草寺です。

ここには病気を治してくれる神様が祀ってあり、うちの父が胃ガンの手術をする時にお守りを
買いに来たという経験があったからです。
3が日はさすがに人が多かったですが、思ったよりもスムーズにお参り出来ました。

翌日一日休んで次の5日は出社しました。
3日間(結局4日でしたが)休むので引き継ぎや月初の月次などを済ませて、翌日の検査に
備えて消化の良いものを食べて早めに寝ました。

お正月らしいことはいつものようにお雑煮、ぜんざいを作ったくらいで大掃除も中途半端
そして年賀状は今年も無理でした…すいません・゚(^O^)゚・

イメージ 1

大腸表面組織の検査結果 - 2015.01.12 Mon

まず今回のことを時系列に並べてみます。

------------------------------------------------------------------------------------
2014.11   健康診断の結果で血便がありE判定が出る

2014.12.13 近所のO医院で内視鏡検査。大腸に15mmの線種がみつかる
>>>>>>>>>>この医院では取れない為大きな病院を紹介される

2014.12.17 紹介されたF病院で診察を受け、手術の日程を決める

2014.12.25 O医院で取った組織の検査結果が出る

2015.01.06 F病院で内視鏡による大腸ポリープ手術(翌日退院)
------------------------------------------------------------------------------------

以前に12/17までの事は書いたので、今回は12/25の検査結果について書きます。

12/22に職場にO医院から電話がかかってきました。
内視鏡検査で大腸の表面の組織を取った時の検査結果が出たので来て下さいとのこと。
前回ここの医院に行ったのはF病院の紹介状を貰いに行った時だったのですが
その時は診察もなしに受付で封筒だけ渡されたので、今回もそうかと思ったら
今回は診察ありで順番を待つことに。それが12/25でした。

自分の名前が呼ばれ診察室に入ると心なしか先生が明るい顔をしています。
そう、検査の結果腫瘍は良性だったのです。
よかったですね~と言われちょっとほっとします。

ですがあくまで表面の検査なので、実際にポリープを取ってみて細かく病理検査しないと
その程度進行しているのかはハッキリ判らないのです。

私は元々切れ痔気味なのですが(お恥ずかしい)ここに来る前にちょっと鮮血が出たと相談すると
「あ、それは大腸でなく痔だと思います」とキッパリ言われて痔の薬を出してもらいました。
女医さんなのでそういうのは相談しやすいんですけども。

あとは手術を待つだけなのですが、実は私は医療保険もがん保険も入ってませんでした。
ですが調べたところ、高額の医療には保険組合から補助が出るとのこと。
これを高額医療費制度というらしいです。

私のやっているパートは扶養控除額を越えていたので、健康保険も厚生年金も払っていたのですが
それが思わぬ役に立ったのです。
年末年始に入ってしまう為に慌てて保険組合に連絡して手続きをしてもらいました。

ただ今回は手術が失敗するとか、合併症が出ない限りは限度額に達することは無かったので
結果的にはこの補助は使いませんでした。

このことはここ↓で知りました。

治療にかかるお金が心配

↓大腸ガンでググるといろいろなサイトが出て来ますが、おもに知識を得たのはこの2か所

大腸がんを生きるガイド
大腸がん情報サイト

そして私が手術したF病院ですが「千葉県がん診療提携協力病院」に指定されていました。
なので安心していいかなと思い、セカンドオピニオンはしませんでした。
参考までにそのリンクも貼っておきます。

「千葉県がん診療連携協力病院」
「がん診療連携拠点病院」

次は手術までのことを書きます。


イメージ 1


手術無事終わりました - 2015.01.12 Mon

遅くなりましたがあけましておめでとうございます~!
しばらく放置でレスも出来ずにすいませんでした。

新年早々例の手術があり、なんだかんだと今になってしまいました。
手術の日程は1月6日。今から一週間前ですね。
内視鏡手術だったので検査と同じでお尻から入れての手術の為、一泊で退院出来ました。
手術までに大腸がんに関することとか経緯を記事にしようと思っていたのですが
年末年始ってやっぱり忙しいんですよね…。
コミケが終わり元旦、三が日とあっという間に過ぎてしまい、手術の日となりました。

次の記事から思い出せる限りさかのぼって退院までのことを書いてみようと思います。

イメージ 1

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぴかこ

Author:ぴかこ
オタク主婦14年目でリニューアル

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
プロフィール (1)
TOP絵 (4)
日常 (200)
マンガ、アニメ、特撮話 (128)
ジパング(感想) (133)
娘と夫とダメ主婦話 (206)
ジパング(腐女子向き) (54)
腐女子的話題 (84)
ラクガキ(オリジナル) (30)
ドラマ、映画、芸能話 (44)
バトン&占い (73)
ジパング(イラスト) (77)
防衛系(海以外) (32)
かわぐちかいじ作品 (11)
海上自衛隊&海軍 (63)
いただきモノ (38)
ブログお役立ち (5)
お絵かき&創作修行 (43)
デビルマン祭り (13)
■絵チャ&オエビ (3)
OFF LINE (61)
天ち人 (77)
戦国BASARA (30)
パート先解雇事件 (4)
龍ま伝 (18)
地震と原発と計画停電 (16)
TIGER&BUNNY (35)
トリコ (12)
大腸ポリープ手術 (6)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR